The Margaret Thatcher Japan Foundation

財団法人マーガレット・サッチャー財団

  1. トップTop
  2. 沿革History

2012

3月
March

2012年3月、寛仁親王殿下には、原不二子(本財団顧問)をはじめとする日英関係者に宛て、人的交流および学術交流を通じて、更なる日英両国の友好発展を期待する旨を認められた御手紙を発せられました。

この両国友好親善への御期待は、戦後の日本の皇族としては、初めての海外留学で英国の高等教育に学ばれ、その御生涯を通じて両国の友好促進に尽くされました、殿下の晩年における願いの一つであられました。

その御期待に対して、ピーター・トンプソン(本財団評議員長)はじめ両国の関係者により、具体的な事業構想について協議が重ねられ、それが本財団設立の布石となりました。


In March 2012, shortly before his death, HIH Prince Tomohito of Mikasa entrusted Fujiko Hara with a letter, which set out his hopes to develop greater friendship between Japan and the United Kingdom through personal and educational exchanges.

Prince Tomohito was the first member of the Japanese Imperial Family to study in the United Kingdom following the Second World War. Promoting bilateral friendship through personal exchanges in various areas, and the development of young people’s capabilities, was one of the main wishes of His Imperial Highness’s later years.

People in both Japan and the United Kingdom such as Mrs Hara, Mr Kazuhiro Tobisawa, and Mr Peter Thompson, who became Chairman of the Board of Trustees of this Foundation, started to discuss how to turn Prince Tomohito's wish into reality. That was the origin of the establishment of this Foundation.

2012

11月
November

2012年11月、本財団設立構想案が、親日家として著名なマーガレット・サッチャー女史(元英国首相)の御生前に、サッチャー・オフィスを通して協議されました。

In November 2012, a proposal to found a new organisation in Japan bearing the name of Lady Thatcher to further these aims was submitted to Lady Thatcher’s Office.

2013

7月
July

2013年7月、サッチャー女史のオフィスより本財団設立が正式に承認されました。本財団は、日本で唯一、マーガレット・サッチャーの名前を冠することを承認された団体です。

In 2013, the establishment of the Margaret Thatcher Japan Foundation was approved by Lady Thatcher's Office. The Foundation is the only organization which has been granted permission to use the name of Margaret Thatcher in Japan.

2013

10月
October

同年10月、日本政府より一般財団法人として認可されました。

In October 2013, the Foundation was officially registered as a General Incorporated Foundation by the Japanese government.

2016~

2017

マーガレット・サッチャー財団の最初の特別研究奨励生として国際教養大学の堀井里子助教が 2016年9月から 2017年8月まで 1年間バッキンガム大学で「欧州における国境を越える人の移動の管理をめぐる課題 - EU エージェンシーの役割に注目して」の研究に従事しました。

彼女の研究レポートはオックスフォード大学プレスが出版する難民研究季刊誌の 2018年6月号に掲載されました。

The first Margaret Thatcher Japan Foundation Fellow, Dr Satoko Horii from Akita International University, took up her one year Visiting Fellowship at the University of Buckingham to research ‘the challenges of managing cross border human movements in Europe, and the role of EU agencies’, during the year from September 2016 to August 2017.

Her research report was published in Refugee Survey Quarterly (Oxford University Press) in June 2018.

2018

マーガレット・サッチャー財団の 2人目の特別研究奨励生として国際教養大学の椙本歩美助教が選出され、2018年1月から 12月まで 1年間バッキンガム大学で「農村の地域発展に果たすグリーンツーリズム(アグリツーリズム)の役割」の研究に取り組んでいます。

The second Margaret Thatcher Japan Foundation Fellow, Dr Ayumi Sugimoto from Akita International University, was appointed to take up her one year Visiting Fellowship at the University of Buckingham to research ‘the role of green tourism (agritourism) in the development of rural communities’, from January to December 2018.

2019~

2020

マーガレット・サッチャー財団の 3, 4人目の特別研究奨励生が国際教養大学から選出され、バッキンガム大学に派遣される運びとなりました。

豊田哲也准教授は 2019年1月から 8月まで「英国の領土紛争マネージメントから学ぶこと」の研究に従事します。

竹本周平助教は 2019年9月から 2020年8月まで「冷戦終焉過程の再検討: 持続可能な欧州安全保障アーキテクチャ構築の観点から」の研究に従事します。

The third and fourth Margaret Thatcher Japan Foundation Fellows from Akita International University were appointed to take up Visiting Fellowships at the University of Buckingham:

Professor Tetsuya Toyoda to research ‘Learning from British Management of Territorial Disputes,’ from January to August 2019.

Professor Shuhei Takemoto to research ‘Reconsidering the End of the Cold War in Europe: a Success Story or a False Start for a Sustainable Security Architecture’, from September 2019 to August 2020.